事業内容

証券口座の専任担当者として

目的に合った運用プラン構築のお手伝いと、それに沿った実際の運用アドバイス、 金融商品とその取引に関するご案内を継続的にお届けします。私たちには異動がありませんので、特に長期的な計画のご相談に適している点が特長です。

有価証券の売買の媒介

内閣総理大臣の登録を受け、金融商品取引業者(証券会社)から委託を受けて行います。

有価証券の募集、売出しの取扱い

上と同じく、内閣総理大臣の登録を受け、金融商品取引業者(証券会社)から委託を受けて行います。

お取引の仕組み



金融商品仲介業者とは、内閣総理大臣の登録を受け、金融商品取引業者(証券会社または登録金融機関)から委託を受けて、「有価証券の売買等の媒介」や「有価証券の募集もしくは売出しの取扱い」などを行う法人または個人です。
・所属金融商品取引業者を個別の取引毎に明示します。
・所属金融商品取引業者の代理権はありません。
・お客様から金銭もしくは有価証券の預託を受けることはありません。
・お客様と金融商品取引に係る受渡を行なうことはありません。

所属金融商品取引業者が2社以上ある場合で、お客様が行なおうとする取引について、所属金融商品取引業者間で支払う手数料が相違する場合は、その説明を行ないます。

 


顧客中心主義に基づく

業務運営方針


2021.08.31公表 



しらかば投資相談(株)は創業以来それぞれの営業員にとっての社長は「お客様」であり、そのお客様の利益を最優先する主義、「顧客中心主義」を貫くためのプラットホームの提供が会社の業務であるとの考えによって運営されてまいりました。

こうした方針を一層強化・徹底していくために当社は「顧客中心主義に基づく業務運営方針」を公表するとともに顧客満足度などお客様の視点からその取り組みや成果を評価し、定期的に見直しを行ってまいります。


方針1

お客様の最善の利益の追求

当社はお客様の投資目的や資金の性質を正しく把握し、当社で取り扱うことのできる金融商品の中から、お客様にとって最もふさわしいであろう提案を行うことで、お客様の求める最善の利益の実現に努めてまいります。

そのために営業員一人一人が高度な専門性と職業倫理を保持しお客様に信頼されるファイナンシャル・アドバイザーであることを目指します。


方針2

利益相反の適切な管理

当社はお客様との間で想定される利益相反の可能性を適切に把握・分析し、管理を行うことが、お客様の利益を守るうえで重要であると考えます。


方針3

手数料の明確化

当社は証券、保険(本店のみの取り扱い)を提供する金融サービス会社として、当社の扱う商品の販売時にお客様に負担いただく手数料の透明性を高めるとともに、丁寧に説明いたします。


方針4

重要な情報のわかりやすい提供

当社はお客様に販売する金融商品について、適切に情報提供を行うことが当社に課せられた責務であると考え、お客様の取引経験、金融知識だけではなく、職業、家族構成までも含めたトータル的にお客様の属性を把握することで、明確であり且つ平易な言葉で情報提供を行うよう努めます。


方針5

お客様にふさわしいサービスの提供

当社は対面営業を行う金融事業者として、お客様のニーズや資産、取引経験、知識及び、投資目的などを適切に把握、理解し、適合性の原則に基づいた金融商品の提供を行ってまいります。


取扱商品

  • 国内株式
  • 外国株式
  • 円建債券
  • 外貨建債券
  • 特殊債券(仕組み債等)
  • 投資信託
  • REIT
  • 保険(本店のみ)


方針6

営業員に対する適切な動機付けの枠組み等

当社は、お客様の最善の利益を追求するために、営業員一人一人が、高い専門性と、倫理観を保持し続けることが重要と考えております。

当社ではその考えをそれぞれの営業員に浸透させていくために、企業倫理や、コンプライアンスの研修の充実を図ります。

苦情・相談窓口


しらかば投資相談株式会社
内部管理責任者 倉澤秀一

396-0010
長野県伊那市境1060 ガーデンコートビル2F
0265-78-0130